凡人速報

凡人の凡人による凡人の為のブログ

    社会

    日本生まれの「カップル死ね死ね団」、香港・台湾に広がる バレンタインデーで活動活発
    http://news.livedoor.com/article/detail/7409546/
    skitch
    【新華網】 2月14日はバレンタインデー。中国などではカップルたちがロマンチックな雰囲気を盛り上げ、ラブラブ度を見せつけ合う日だ。しかし、本来はただ、愛を誓い合う日のはずであり、現在のような豪華主義、商業主義に異を唱える人々もいる。それが、日本で生まれ、香港や台湾にも広がった「情侶去死去死団(カップル死ね死ね団)」だ。中国経済網が伝えた。
    バレンタインデーにカップルたちは映画を見たり、レストランで食事をしたりするが、世界の一部ではまた、各地の政府や企業も加わった「反バレンタインデー」「反浪費」の動きも出てきている。
    日本では商業主義に満ちたバレンタインデーの習慣を打ち破り、カップルたちがわざと親密な様子を見せつけることを阻止しようと、独り身の若者たちが「カップル死ね」を合言葉にカップルたちに冷たい視線を投げかける「死ね死ね団」が生まれた。バレンタインデーは彼らの「聖戦の日」となる。この動きは香港や台湾にも広がった。
    実際のところ、「死ね死ね団」が敵とするのは「愛情」ではなく、「偽の愛情」や「愛を無駄に見せつけるカップル」だ。彼らのこうした信念は、バレンタインデーの本質、意義を求める考えを反映しているものと言えるだろう。

    (編集翻訳 恩田有紀)
     

    【【悲報】日本生まれの「カップル死ね死ね団」世界中でお前らが蔓延する事態に】の続きを読む

    フランスも同性婚合法化へ、左派勢力が下院通す
    http://news.livedoor.com/article/detail/7411340/
    skitch

     【ブリュッセル=工藤武人】フランスの国民議会(下院)は12日、同性婚と同性カップルによる養子縁組を認める法案を賛成多数で可決した。

     法案は4月に上院でも採決されるが、上院は、同性婚の合法化を公約していたオランド大統領率いる社会党中心の左派勢力が多数を占め、法案は成立する見通しとなった。

     左派勢力は国民議会(定数577)でも過半数を占め、採決は賛成329、反対229だった。合法化に反対する保守勢力は約5000か所の法案修正を求め抵抗したものの及ばなかった。欧州では、オランダやベルギー、スペインなど8か国で同性婚が認められているが、フランスでは、同性間の婚姻や養子縁組は認められてこなかった



    【フランスも同性婚合法化へ、左派勢力が下院通す】の続きを読む

    怖いのはアルジェリアだけではない。海外で暮らす日本人が遭遇した恐怖体験
     http://news.livedoor.com/article/detail/7401180/
    skitch


    外務省が発表する「海外在留邦人数調査」によると、海外に在留している日本人は120万人弱(平成23年10月1日現在)。先日のアルジェリアにおけるテロ事件を受け、海外での生活には予測不能の危険が身に降りかかる可能性もあるということを、多くの日本人が再認識させられたはずだ。

    とはいっても、必要以上に過敏になる必要もないという。日本企業の人材を海外でサポートする危機管理会社「ワールド・プロ・ヘルプ(WPH)」の中村紘代表は、こう語る。

    「メディアで大きく報道されるテロや誘拐事件は、海外駐在員の最大のリスクのように思われがちですが、実はまれなケースといっていい」

    だが言い換えれば、報道されない危険はどこの国でもありえるということ。輸入業を営むGさん(40歳)は「氷点下のモスクワで脂汗が止まらなかった」と漏らす。



     

    外務省が発表する「海外在留邦人数調査」によると、海外に在留している日本人は120万人弱(平成23年10月1日現在)。先日のアルジェリアにおけるテロ事件を受け、海外での生活には予測不能の危険が身に降りかかる可能性もあるということを、多くの日本人が再認識させられたはずだ。

    とはいっても、必要以上に過敏になる必要もないという。日本企業の人材を海外でサポートする危機管理会社「ワールド・プロ・ヘルプ(WPH)」の中村紘代表は、こう語る。

    「メディアで大きく報道されるテロや誘拐事件は、海外駐在員の最大のリスクのように思われがちですが、実はまれなケースといっていい」

    だが言い換えれば、報道されない危険はどこの国でもありえるということ。輸入業を営むGさん(40歳)は「氷点下のモスクワで脂汗が止まらなかった」と漏らす。



     

    外務省が発表する「海外在留邦人数調査」によると、海外に在留している日本人は120万人弱(平成23年10月1日現在)。先日のアルジェリアにおけるテロ事件を受け、海外での生活には予測不能の危険が身に降りかかる可能性もあるということを、多くの日本人が再認識させられたはずだ。

    とはいっても、必要以上に過敏になる必要もないという。日本企業の人材を海外でサポートする危機管理会社「ワールド・プロ・ヘルプ(WPH)」の中村紘代表は、こう語る。

    「メディアで大きく報道されるテロや誘拐事件は、海外駐在員の最大のリスクのように思われがちですが、実はまれなケースといっていい」

    だが言い換えれば、報道されない危険はどこの国でもありえるということ。輸入業を営むGさん(40歳)は「氷点下のモスクワで脂汗が止まらなかった」と漏らす。



     
     
     
    【怖いのはアルジェリアだけではない。海外で暮らす日本人が遭遇した恐怖体験】の続きを読む

    ドイツの教師 校外で煙草吸う生徒目撃しても注意しない理由
    http://news.livedoor.com/article/detail/7398448/
    skitch

     大阪市立桜宮高校に端を発した体罰問題が広がり続けている。学校教育の体罰について、ドイツの例を参考に考えたい。(取材・執筆=フリーライター・神田憲行)

     * * *

     体罰問題を高校野球の監督をしている友人と話していて、彼が自分のこんなエピソードを紹介してくれた。

     若くして母校の監督に就任して初めて選手の保護者会があったときのこと。リトルリーグの監督もしているという保護者からこんな指摘を受けた。

    「私がグラウンドに来ても誰も選手が挨拶をしない。どういう指導をされているのか」

     友人は答えた。

    「挨拶といった基本的なシツケは家庭でお願いします」

     私は「よく言い返した」と思ったが、保護者会では「シラーとした雰囲気が漂った」という。

     体罰問題が繰り返されで跡を絶たないのは、子どもの教育をなんでも学校に委ねる風潮も、土壌にあるのはではないか。



    【ドイツの教師 校外で煙草吸う生徒目撃しても注意しない理由】の続きを読む

    給料いつになったら上がるの! 「3年くらい待てば」は本当なのか
    http://news.livedoor.com/article/detail/7398501/
    skitch

    2013年の春闘が幕を開けた。「アベノミクス」効果で株価が上昇し、企業業績も明るい兆しが見えてきた。「下がり続ける給料がようやく上がる」――。そんな期待が膨らむが、そう簡単ではなさそうだ。

    「依然として経営環境は厳しい。雇用の維持、安定が最優先」と主張する経営側に対し、労働者側は政府が掲げるデフレ脱却には「賃金アップによる個人消費の活性化が必要だ」と、定期昇給(定昇)を維持したうえで給与総額を1%引き上げるよう求めた。 
    【給料いつになったら上がるの! 「3年くらい待てば」は本当なのか】の続きを読む

    このページのトップヘ